プロフィール

はじめまして。家族写真家のマユと申します。全国のご家族に会いに行き、親子の写真を撮っています。

小・中学校で美術などを教えた後学童保育で放課後児童支援員をし、約十年の間、子どもたちにかかわる仕事をしてきました。私自身も、中二(厨二)男子、小六女子(肩出しへそ出し)、の二児の母でもあります。

たくさんの子どもたちのパワーに囲まれながらも、ふとした時に感じる子どもからの黄色信号に注目するようになりました。豊かになった社会で生きるにもかかわらず、彼らの心には、小さな隙間がたくさんあります。習い事の忙しさ、家庭での会話の物足りなさ、疲れた両親への遠慮…。そんな心の隙間に触れる度、ご家族みんなにケアできたら…と思うことが増えてきました。

世の中で良しとされている物質的な豊かさや価値観の中に、すべての家庭に共通する幸せが、果たして存在するのでしょうか。疲れた時に、なぜかむなしく思えてしまう原因は、無意識に皆さんもこういう風に感じているからだ思います。

もっともっと!と何かを追い求める頑張り屋のお父さん、お母さんに、心からの安らぎを感じてもらうべく、写真が切り取る「今ここにすでにある幸せな瞬間」をお届けします。

特別なよそいきではない、ありふれた日常の、ありふれた幸せに、私と一緒に目を向けてみませんか。そこから新しい親子の未来が見えてくると信じています。