Mayu

絵描きです。鉛筆画を主に描いています。

記事一覧(35)

絵を描き続けるたまたまあった3つの理由

先日、「まゆさんはなぜ絵を描き続けるんですか?」という質問を頂きました。巨匠でもないので、そんな質問していただいて恐縮なのですが、何故だろうと真剣に考えてみました。1つ目の理由20代くらいの時はもう少しイキがって、「混沌の中から無限に描きたいものが溢れてくる」みたいな訳の分からんことを言っていたような気がしますが、今は描き続ける理由も人との関係の中にある気がします。精神の奥底から湧き出るような絵もありつつ、人に依頼された絵、喜ばせるために描いてあげた絵も良いバランスで存在したために、自然に続けることができた。ということです。2つ目の理由もう一つは、得意分野であり、好きなことであるため、自己承認欲求を満たすためのものとして続けざるを得なかった、ということ。「祈りを込めて」という言葉をよく使うのですが、自分への祈りと見る人への祈りです。「どうか救われますように……」という。今でこそメンタルに関しては人一倍強いという自負がありますが、3年くらい前まではメンタルがぐじゅぐじゅの最悪の状態でした。なので、絵に自分を救わせていたのですね。3つ目の理由そして、最後の理由は、今まで買ってくださった人のために。です。私は自分の絵を、買っていただいた人には資産として持って欲しいのです。そのためには私も名が売れ、絵の価値も高まらなくてはなりません。そのために続けています。もう、簡単には辞められないのです。私の描き続ける理由はこれくらいです。これを読んで下さった皆さんそれぞれにも、今の仕事を続ける理由や、大切なことを辞めない理由が様々あることでしょう。続ける理由をきちんと整理することで、私は初心に戻れたような気がします。まとめ「好きを仕事にする」はインフルエンサーの方達に乱用され(笑)、近頃では一周回って批判されたりバカにされることも増えてきました。しかしながら、誰もが「好き」に向き合う気持ちは生半可なものではなかったと思います。続ける理由をもう一度見直し、それが自分にとっても大切な人達にとっても恥ずかしいものでなかったなら、自信を持って取り組んで下さい。

絵描きさんの常識!「裏書」とは?

こんばんは、Mayuです。お久しぶりですね。ごめんなさいね。実は来たる2018年はすでに個展が2つ、グループ展が1つの予定がぶち込んであります。そのためブログがいつにも増してゆっくりになっているのですね。ごめんなさいね。したがって久しぶりの更新である今回は、1月17日からの個展準備をさせて頂きながら、「裏書」についてお話させて頂きますね♪裏書というのはご存知ですか?法律用語でも証明書のような意味で使われますが、絵の世界でも同じようなものです。「裏書」とは絵やその他の作品の裏に書いてある、誰の作品かという証明書です。絵描きさんでも、作品にサインはしても裏書はしていない人がほとんどじゃないでしょうか。「知らなかったのでやってない」という人もいるでしょうが、「私の作品にそんな、裏書なんて、たいそうな……」と謙遜してやっていない人もいるのではないでしょうか。もし、あなたが後者なら大間違いですよ!裏書は、あなたのプライドのために付けるのではないということです。買ってくれた人、もしくはこれから手に入れる人のために付けるものです。想像してくださいね。絵を買う人の中には、その絵をただ気に入って買う人のほかに、コレクションやいずれオークションに出すために買う人もいます。その時に、誰が描いたという証明書が必要になってくるわけです。作者が怪しい絵なんて手に入れたくない人もいるのです。絵を財産として持ってくれる人のために、絵描きがやるべき最低限の努力です。裏書の大切さを踏まえた上で、裏書作成の手順を説明していきましょう♪まずは個展に出品する作品を準備……

アトリエでは描かない、キッチンペインターな私

2年くらい前に、自分のことを「キッチンペインター」と称したことがあった。Twitterで友人達と会話していて、何となく自分の絵を描く環境を言葉にしてみたら、こうなったのだ。今ふと、この造語を思い出し、よく考えてみると、なかなか我が仕事場を表現するのにぴったりなものだったと感心する。私は描く絵の殆どを台所のダイニングテーブルで描いている。「アトリエや作業部屋で描いているんでしょ?」と、人からよく言われるが、専ら台所だ。私にとって鉛筆で描くことは生活の一部で、ご飯を作ったり、掃除洗濯したりすることと何ら変わりはない。自分の生活環境が変わる度に、続けるためにどうしたらいいかを考えて、というか、直感でスタイルを変えて順応させてきた。実は産後は油絵を描こうと志したが、乾燥も遅く、毒性も強い油絵具を小さい子がいる環境で使用するのも嫌だったし、かと言って、水彩だと、乾燥が早く、きちんと描き切るまでは止められない。そうなると、鉛筆が最も自分の環境に最適だった。鉛筆と練り消しとスケッチブックなら、突然鍋が吹きこぼれようが、子がオムツを変えてと泣き叫ぼうが、パッと片付けることができるからだ。そして、私は小さい頃から鉛筆で絵を描くことが好きで、鉛筆が絵描きの夢への入り口だったから。そして、そんなこんなで生活の中で描く絵は、完成すると生活の一部に溶け込むものだった。いつも題材は「生活」から生まれる。